アトピーやお年寄りのドライスキンなどに関する相談を淀川区で営むドラッグストアで

お問い合わせはこちら

淀川区のドラッグストア・健康堂薬店のお客様の声

ドラッグストアを淀川区で営みスキンケアのアドバイスを

淀川区のドラッグストア・健康堂薬店のお客様の声

ドラッグストアを経営していくにあたって、ご相談内容で特に多いのがスキンケアに関するお悩みです。アトピー性皮膚炎などといったアレルギーのものから、加齢に伴うドライスキンまで、幅広い年齢層のお客様のご相談を随時受け付けております。
お肌に関するお悩みは、しっかりと化粧水やクリームで保湿するだけでも大きく好転していくでしょう。淀川区や西成区でお肌に悩みを抱える方へ、対面販売ならではの丁寧なカウンセリングをお届けいたします。


淀川区でドラッグストアを営みアトピーの対処法をアドバイス

お薬に関する相談を受ける中で、アトピー性皮膚炎に関するものも多くいただきます。アトピーの多くは大きなストレスがあったときに発症しますので、アトピーになる素養があってもストレスがかかっていない状態であれば発症しないこともあり、ストレスへのケアが大切になってまいります。しかしながら、どうしてもストレスを取り除けず痒みやヒリヒリが出てしまう場合には相応の対処が必要です。
効果的なのが保湿であり、肌に傷があっても染みず保湿効果も高いボディソープなどを活用することで痒みが軽減できます。アトピーの場合は発症と同時に肌の乾燥を伴って痒みが生じるため、お風呂上がりにクリームで保湿をすることも大切です。感染症が懸念される中で、免疫力が低下してしまうのであまりおすすめはできませんが、どうしても我慢できないときにはステロイド軟膏も上手に活用していきながら、ストレスの軽減に尽力することで良くなってまいります。

ドラッグストアを経営し淀川区の方の加齢に伴う乾燥肌へ対応

お年寄りのドライスキンに関するご相談も多く伺います。ご高齢の方は、加齢に伴って角質の水分保有量が本来20〜30%ある中で10%前後までに低下してしまい、お肌のバリア機能が低下するケースも多くございます。何より、乾燥することで痒みが出て、夜間や日中に無意識に掻きむしってしまい傷ができてしまうこともございます。
乾燥で肌のバリア機能が低下してしまっているので、ただでさえ皮膚からの細菌やウィルスの侵入に弱い状態であるにもかかわらず、その傷からさらに侵入しやすい状態を作ってしまう結果になります。この場合、痒みの原因を把握することが非常に大切です。というのも、汗もがあるとご相談に来られたお客様で、子どもの頃に発症した水ぼうそうが再発した帯状ヘルペスだったケースもあるためです。その場合は病院の受診をおすすめし、痒み成分であるヒスタミンが原因の場合は保湿や抗ヒスタミン剤などで対応できます。

淀川区でドラッグストアの実店舗を運営しながら通販も実施

ドラッグストアでのお薬の販売では、対面販売ならではのお客様の悩みに寄り添ったカウンセリングが可能であり、悩みをお伺いした上で最適なお薬をご提案できるという大きな強みがございます。しかし中には、市販薬で購入したいお薬の目星も付いているため、なるべく外出せずにお薬を購入したいといった情報リテラシー能力に秀でた方もたくさんいらっしゃいます。そのニーズにお応えするべく、通信販売のサイト運営も行っており、そこからお目当てのお薬を購入できるようにいたしました。
淀川区近隣にお住まいでない遠方の方も、24時間いつでも気軽にお買い物いただけるところが通販サイトの強みです。対面販売と通信販売、各々に一長一短があり、その特性を存分に活かした経営を今後とも続けてまいります。お薬の詳しい解説が必要な方は実店舗で、外出を控えたいという方は通販サイトで、それぞれお薬をお買い求めいただければと考えております。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。